Home正體中文 / 簡体中文 / English / 日本语
野球について
ドーム建設の始まり
沿革
入札のポイント
特色ある企画
台北の新たなランドマーク
Home > ドームについて > ドーム建設の始まり
ドーム建設の始まり
「1991年11月10日、台北市立野球場の1万を超える野球ファンは、創立2年目となる台湾プロ野球の、味全ドラゴンズ対統一ライオンズの優勝をかけたシリーズ第7戦の開始を今か今かと待っていました。その試合には当時の 時の行政院長郝柏村氏も足を運んでいましたが、突然大雨が降り出して試合は中断されました。主催者が試合の延期を宣言したその時、憤った野球ファンたちはこう叫んだのです。『ドーム球場が欲しい! ドーム球場が欲しい! ドーム球場が欲しい!』」

野球ファンの叫びと心の声によって、郝院長は風雨に影響されないドーム型の室内体育館の建設企画を即座に指示しました。ドームを成功させることは容易ではなく、政策の指示から契約締結まで約16年を費やしています。まず直面したのが、建設地選定の困難でした。巨大なドーム体育館を建設するためには、土地面積、交通の便、そして周辺の環境を考慮する必要があります。計画は幾度も変更されました。関渡運動公園、華山芸文特区、大安森林公園から台北体育館まで、様々な困難と紆余曲折を乗り越えて、台北ドームはついに松山タバコ工場の現所在地に建設する事が決定されました。しかし、郝柏村、連戦、蕭萬長、唐飛、張俊雄、游錫堃、謝長廷、蘇貞昌、劉兆玄、呉敦義の10代の内閣を経過し、また黄大洲、陳水扁、馬英九、郝龍斌の4名の市長が努力してきましたが、2011年、ついに建築認可証を取得し着工スタート、2014年に完成予定。
*本ウェブサイトの画像
は全てイメージです
回遠雄企業團
|建設・不動産開発事業| 金融保険事業| エアカーゴ物流事業| ホテル・レジャー事業| ドーム園区事業| ビジネス&企業誘致事業| ネットサービス事業| 文教医療公益| 海外発展事業|